ブラジャーの役割

ブラジャーをつける理由ですが、ブラジャーの本来の役割を知ることで、ブラジャーに対する考え方が変わるかも知れませんよ。

サイトマップ

ブラジャーの役割
トップ > ブラジャーの役割

大人の女性なら誰でもブラジャーをつけたことがあると思いますが、ブラジャーをつける理由をご存知でしょうか。最初にブラジャーをつけたときのことを思い出せば理由が見えてきそうですが、ブラジャーの本来の役割を知ることで、ブラジャーに対する考え方が変わるかも知れませんよ。

ブラジャーをつける本当の理由って?

恐らくブラジャーをつけることは当たり前になっていると思いますが、なぜブラジャーをつけるのか、その理由を真剣に考えたことはありますか?

  • 「バストが垂れないようにするため」
  • 「動くとバストが揺れて痛いから」
  • 「形をよく見せたいから」
  • 「乳首の形が服に出ないようにするため」

どれも正解だと思います。女性ならどれも納得できる理由ですよね。

しかし、ブラジャーをつける本当の理由とは「体を起こす」ためなんです。意外に思うかもしれないのですが、これが事実です。自分の体にちゃんと合ったブラジャーをつけると体が起きますので、姿勢が真っ直ぐになるんです。

ですから、ブラジャーはバストだけに関係するのではなく、体全体に関わっているアイテムだということを深く理解しておきましょう。

ブラジャーの役割を最大限に活かせばダイエットできる?

ブラジャーをつけるのは体を起こして姿勢を良くするためと書きましたが、自分に合ったブラジャーをつけることで驚くべき効果があることを説明したいと思います。

自分に合ったブラジャーをつけると姿勢がよくなります。そうするとお腹の上の方にある腹直筋や、背中についている広背筋やお尻についている大殿筋に緊張が起きることで、普段使っていなかった腹筋と背筋が働き始めるのでお腹と背中の脂肪が燃焼されていくのです。

筋肉が使われないと血液循環が悪くなりますが、脂肪はまさにそういった場所につきやすいのです。逆に考えると、筋肉が使われるようになると脂肪は自然と落ちることになります。

このように、正しいブラジャーをつけて筋肉を働かせてあげるだけで十分エクササイズしている状態になりますから、それだけでダイエット効果が期待できます。

このことを知ってしまうと、もうちょっと真剣にブラジャーを選んでみたくなりませんでしたか?素敵なボディラインを目指す上でも、ブラジャーは非常に大切な役割を担ってくれているんですよ。