ブラジャーの選び方

正しいブラジャーの選び方を知っておくことで、サイズは合っているのになんとなく体にフィットしないということがなくなりますよ。

サイトマップ

ブラジャーの選び方
トップ > ブラジャーの選び方

サイズは合っているのにブラジャーがなんとなく体にフィットしないってことありますよね。ブラジャーのカップのサイズはトップバストとアンダーバストの差で決められますが、これはあくまでブラジャー選択の目安に過ぎないのです。正しいブラジャーの選び方を知っておきましょう。

選び方のポイント@:カップがワキまで届いているか?

まず最初に、バストの中心からワキまで、カップがちゃんと届いているか確認しましょう。

ブラジャーのカップにはバストの形を整える役割以外にも、ワキに流れている脂肪をバストに集めて、また流れてしまわないようにする役目もあるんです。そのため、カップがワキまでしっかり届いていないと、せっかくバストに集めた脂肪がまた流れ出してしまいます。

そうならないためにも、しっかりとバストやワキの脂肪をホールドしてくれるブラジャーを選びましょう。

選び方のポイントA:円周が合っているか?

ブラジャーは、アンダーサイズに比例して円周がつくられるため、サイズが大きくなるほどカップの円周も大きくなります。よって、同じカップでもアンダーサイズが大きくなると円周が大きくなることになります。

しかし、実際はアンダーバストが大きいからといってバストの円周まで大きいとは限らないですし、逆も然りです。ここの差が問題となるのです。

カップの円周が大きすぎると、胸の脂肪も横に広がりワキから脂肪がはみ出したり、立体感が生まれず、メリハリのあるスタイルがつくれなくなってしまいます。

なので、ブラジャーを購入する際には、アンダーサイズを意識するよりも円周の大きさやカーブがバストにフィットしているかをよりチェックする必要があると言えます。

選び方のポイントB:内容積が合っているか?

バストよりカップの小さなブラジャーを着けていると、本来あるべきバストの脂肪はワキの脂肪へと流れてしまい、高さも出ないので本来よりもバストが小さいと勘違いしてしまうことになります。これは必要以上にパットを付けている方にも同様に言えることです。

もしアンダーサイズの割りにバストにボリュームがある場合は、高さを出すことがポイントになります。美乳の必須条件とも言われる「バストが体の幅からでないこと」にもつながりますし、内容積をキープすることができるようになります。

販売店のプロにみてもらうと、自分が思っていたよりも本当は1カップ大きいブラジャーが合っていたというようなことはよくある話です。これらのポイントをおさえた上でフィッティングしてみると、あなたに本当に合うブラジャーが見つかるかもしれませんよ。