大豆製品

サプリメントで大豆イソフラボンを摂取するとバストアップに有効ですが、普段私たちが口にする食材からでももちろんイソフラボンを摂取できます。

サイトマップ

大豆製品
トップ > 大豆製品

サプリメントで大豆イソフラボンを摂取するとバストアップに有効ですが、普段私たちが口にする食材からでももちろんイソフラボンを摂取できます。イソフラボンの効果的な摂取方法をチェックしてみましょう。

大豆のバストアップ効果

大豆にはイソフラボン(大豆の胚芽などに含まれる植物性ポリフェノールの一種)という成分が含まれていることは有名ですが、それは植物エストロゲン(卵巣で作られる女性ホルモンで、卵胞ホルモンとも呼ばれる)とも呼ばれていて、体内に入ると女性ホルモンに似た働きをしてくれます。

植物エストロゲンは子宮で受精卵を受け入れる準備をしたり、女性らしい体型を作ったり、肌の新陳代謝を活性化する働きがあります。

      

バストの素になるたんぱく質も豊富で、コレステロールの取り過ぎの心配が無いので、バストアップや乳房のはり、美肌、更年期障害の防止等、美容と健康のためにも女性は毎日摂っておきたい食品と言えるでしょう。

大豆イソブラボンの摂取方法

イソフラボンの理想摂取量は成人で1日40mgと言われていますが、具体的にどういった食品に含まれるのか見ていきましょう。

大豆は昔から日本人の食生活には欠かせない食材である一方、栄養価が高く太りやすいと思われがちですが、バストアップに不可欠な栄養を豊富に含んだ食品であることは間違いありません。

イソフラボンを摂取するための食品として、大豆製品(豆腐や納豆、豆乳、しょうゆ、枝豆、味噌)以外にも、とうもろこし、じゃがいも、人参、にんにく、パセリ、ほうれん草、小麦、米、サクランボにもイソフラボンが含まれています。ただ吸収率には個人差があるため一概にどれが効果的とは言えないのですが、、特に味噌汁は体内への吸収が良いということが分かっています。

ただ味噌汁ばかりで摂取しようとすると塩分が気になるところですよね。そういう方は塩分を体外で出す働きのある「カリウム」を含む食材(わかめ、大根、なす、じゃがいも、ねぎ、油揚げ等)を味噌汁の具にして、塩分摂取が過剰になるのを防ぐよう注意しましょう。

サプリメントや豊胸手術に比べると効果ははっきり出にくいとは思いますが、大豆は健康維持に非常に役立つ食品であるため積極的に摂って健康的にバストアップを目指してみてはいかがでしょうか。